セックスレス解消の兆しが見えたプレ解禁的な朝



ずっと拒否を受け続け、2年近くセックスレスな生活だったけれど、

この度ようやく解消の兆しが見え始めた。

「待て」

と言われ続けた忠犬ハチ公に、ようやく、

「よし」

の号令が下されたって、まさにそんな感じだよ。
俺はパブロフの犬のように条件反射で、だらだらと涎を垂らしている心境だった。

今日の朝方のことだけど、なんか急にむらむらとしてきた。

隣で寝ている妻の身体に手を伸ばす俺。 程好くやわらかい胸元に手を這わせる。
久しぶりに触れる妻の肌。
その温もりを指先が、手の平が、感じ取りる。

今までのように嫌がる気配も拒む仕草もなく、妻の口からは小さく吐息がこぼれた。

「あ、んん、ん」

久しぶりに感じた妻の女としての反応。
その小さな吐息に興奮を覚える俺。

妻は俺に背中を向けながらも、 俺の下半身にお尻を擦り付けてきた。



「PiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPii」

目覚まし時計の音が部屋に鳴り響き、
妻からの拒否ではなく目覚ましくんの電子音に、その先に進むことを拒まれた。

残念だが仕事に行く身支度をしないと。

下半身ともども元気に起床した俺は、
今夜の再度のチャレンジを決心し後ろ髪を引かれる思いで、 ベッドから起きた。

何か嬉しくて、今日は仕事に身が入りそうにないな。

スポンサー

シェアする

フォローする