妻は欲求不満にならないのか

昨夜も夫婦の営みはなっしんぐ。
先に寝る妻の隣に溜息を吐きながら横になった。

ちょっと悲しくて、
ちょっと寂しくて、
ちょっと空しくて、

そして、
かなり悔しくて、

だから今朝も目覚め前に触りまくってみた。
最近はこの行動が目覚まし代わりになっているようだ。

今朝は、横で寝る妻の下着の中に思いっきり手を差し入れ、
感じる部分をいきなり触ってやった。

「おや?」



寝ているにもかかわらず、妻のそこは既にぐしょぐしょに濡れていた。
その濡れ具合にすこし驚いたけれど、もちろんその状況は俺のエロ心に火をつけた。
その愛液を潤滑油がわりにクリトリスを優しく愛撫。

妻は夢うつつな感じで、

「あ、ああ、ん、ぁぁん」

と、悩ましい吐息を漏らす。
その声に興奮を覚え、クリトリスを転がす指にも力が入る俺。

「う、うん、ん、あ、だ、だめ、」

妻の吐息は喘ぎ声にかわり、指にまとわりつく愛液が、くちゅくちゅと、いやらしい音を立てはじめる。
”嫌よ嫌よも好きのうち”
そんな言葉が俺の頭の中を駆け巡り、俺はより激しく中指を転がす。

「あ、ああ、だめだめ、あ、ん」
「だめ、欲しくなっちゃう、あ、うんん」

妻の感度が徐々に高まりを見せた。
そのとき、

「PiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPiPii」

試合終了を告げる目覚ましくんの電子音が鳴り響いた。
朝のお遊びの終了の合図。

こんなに焦らしているのに、夜になるとさっさと寝てしまう妻。
俺は元気になった股間を慰めるように心の中で呟く。

「妻は欲求不満にならないのか?」

スポンサー

シェアする

フォローする