まるでチェリーボーイじゃないか



妊娠から今、このときまで。

妻がやっとその気に(どの気だよ?)なってくれるまで。
長かった。

めっちゃ長かった。

妻の温かな、そして柔らかな肌に触れる。
少し肉付きが良く、ふくよかになったような気がするが、大丈夫。

まだまだ、弾力のある気持ちの良い肌触りだ。

久しぶりのセックスに緊張と興奮の俺。
その感激はまるでチェリーボーイのようではないか。



俺は妻の感じる部分にそっと手を伸ばす。
そこはもう、
しっとりと濡れていた。

「あ、ん…あ、ああ」

悩ましい吐息を漏らしながら、
俺のペニーを握る妻の手に力が入る。

「はやく脱がせて」
「ううん…もう自分で脱いじゃうから」

そう言って、
妻はパジャマと一緒に下着を脱ぎ捨ててぐっしょりと濡れた下半身を露にした。

積極的に俺を求めてくる妻。
そのギャップに俺の股間はもう張り裂けんばかりに大きく膨らむ。

俺は妻のその濡れた秘部に静かに舌を這わせた。

スポンサー

シェアする

フォローする