いやらしすぎじゃないか



昨日もやっちゃって、連荘ですね。

でも、一昨日のセックスはよかったよ。
妻のいやらしい姿が脳裏に焼き付いちゃって離れない感じ。

結婚した頃、二人でネットで選んで買った下着を妻が着けてのお誘いでした。
白いレースの、穴あき。

上はパジャマ下はその下着姿で、俺の前にM字に膝を立て、しっとりと濡れたソコを露にしながら、

「ねえ、見て…こんなに濡れているの…」

と、両手でソコを静かに広げる。

もう、それだけで俺のペニーはギンギン!!

俺は妻の口元に熱く脈打ったペニーを見せつけるように近づける。
妻は、愛おしげにペニーを右手でさすりながら、

「あん、大きい…」

と、リップサービス。(そんなに大きくはないでしょう)
そして静かに指先でペニーの先端部分をなでまわすのだ。

「あ、ガマン汁でてる…」
「ねえ、あなたのガマン汁舐めていい?舐めさせて…」

と、上目遣いに俺の顔を覗きこむ。

両足は大きく広げ、穴のあいた下着からは妻の濡れ濡れのソコがヒクヒクと俺を誘っている。

「いただきます…うん、ん…」

妻は俺のペニーに勢いよくしゃぶりついた。

スポンサー

シェアする

フォローする