嫉妬心をかき立て合う



俺のギンギンになったペニーを優しく、そして激しくおしゃぶりしながら、

「ん、美味しい…大きい…」

と、リップサービスを繰り返す妻。

俺は右手を伸ばし、妻のぐっしょりと濡れたソコを優しくなでた。

「あん、う…ん、ああ」

ペニーに塞がれた口から言葉に出ない妻の喘ぎがもれる。

「ね、我慢できないの。入れて…」

その言葉、待ってましたよ。

妻の口から抜き取ったペニーを俺はすかさず、
彼女の中に埋め込んだ。

「はあ、ああ…ん」

ぺにーの動きに同調するかのように妻が声を荒げる。
愛液が俺のペニーにまとわりつき、

「ぐちょっぐちゅっ…」

いやらしい音を静かな部屋に響かせる。
その音に俺のピストンは嫌が負うにもスピードを増していく。

と、妻が、

「ね、ねえ、他の人にもこんなに激しくした?」
「私以外の女にもこんなに気持ちよくしてあげたの?あ、んん…」

潤んだ目で聞いてくる。

「ああ、したよ。こんな感じで、他の女も気持ちよくしたよ」

そう答えた途端、妻の顔色が変わった。
顔を赤らめ、

「ああ、あ、嫌あ、気持ちいい…ダメ、もっと、気持ちよくして…」
「お願い、あなたが今まで抱いた女よりも、私のことを、ああ、」
「お願い、もっと突いて、突いて、気持ちよくして…」

嫉妬と快楽の入り交じった妻の顔は、すごく淫靡で奇麗だった。
そして、俺は妻の子宮の奥に届くように深く速く腰を打ちつけた。
妻は、喘ぎ声は一段と高まる…

俺はお返しとばかりに、

「この、いやらしいここに、俺以外のおペニーを入れたか?」
「他の男にもこんなふうに突かれたのか?」
「気持ちよくされたのか?」

「ああ、あ、ん、んん…」

妻は答に困っているようだった。

「どうだ、こんなふうにペニーを突っ込まれて気持ちよかったのか?」

「あ、うん、う…あ、き、気持ちいい、いいよ」

俺の質問にどう答えてよいか迷っている妻、
俺は、そんな妻の表情を楽しむように答を促す。

「ほら、気持ちいい?他の男にもこんなに気持ちよくしてもらったか?」

「ん、んん…もっともっと突いて…奥まで突いて…」

ペニーを奥までくわえ込んだソコは、熱く俺を締め付ける。
すがるような顔で妻は俺を見つめ、淫靡な吐息を漏らしつづけけ、
そして、

「そう、そうよ。こんなふうにペニーを突っ込まれたの…」
「ああああ、あ…気持ちいい!!、もっと、もっと、ああ!」

一段と声を荒げる妻。

その返事を聞いて、俺の嫉妬心にも火が点く!
今まで以上にピストンに力が入る。

お互いに嫉妬心を駆り立てられた俺と妻は、激しく求め合った。

スポンサー

シェアする

フォローする