リップサービスの大切さ

互いに相手の嫉妬心を煽ってのセックス。
なかなか、よいものでした。(ちょっと変態チックかな)

倦怠期やマンネリ打破になりますね。
みなさんも、是非どうぞ。

ちなみに、妻はそんなときでもリップサービスは欠かしません。

「あ、ああ、他の男のペニーもこんなふうに突っ込まれたの、ん…」
「気持ちいい、気持ちよくしてもらったの…あ、うん、ん」

と言いながら、

「でも、あなたのオチンが一番気持ちいい!大きい…あ、んん」
「こんなにいいのは今までなかったの、いい、もっともっと突いて…」

と、しっかり俺のことをフォローしてくれます。

このリップサービスの良さが、
俺に「一穴主義」を貫かせる大きな楔なんでしょうね。

ちなみに昨日は俺の帰りが遅かったのと、持ち帰り残業があったので、夫婦の営みはなし。
5連荘でストップがかかっちゃいましたね。

でも、先に寝ていた妻の横に潜り込むと、妻は俺のペニーにしっかりと手を伸ばしてきたんです。
本当は、したかったのかも。

俺の出勤を考えて我慢したのかな?

ごめんなさい。

妻のちょっとお色気のある写真をアップしようと頑張ってますが、
写真upはまだまだ出来そうにないっすね。

スポンサー

シェアする

フォローする