写メを撮らせてくれない妻



疲れていたのか、妻は先に寝てしまいました。

俺も仕事のことや子どものことやらで、最近ストレスが溜まっている。

読書しながら隣の部屋で寝ている妻を覗いて見るが、既に熟睡モードに突入中。

妻思いの(自分で言うなよな)俺としては、
今日は、おとなしく我慢の日だ。

そう言えば写真のUPを試みたが、妻に拒否された。

目指せ!合計-8cmやせる体験【エルセーヌ】

営みの最中に携帯カメラを取り出してみたら、まるで変態を見るような目で俺を睨む妻。
もちろん、このブログ用などとは口が裂けても言えない。

このブログは妻にも秘密にしているのだ。

そんな妻が過去に一度だけ撮影をOKしてくれたことがあった。
まだ結婚した当初、セックスレスに陥るずっと前、俺が長期の出張に出掛けるときだった。

「欲求不満になったら、私をオカズにして」

たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】

そう言って、下着姿や後ろ向きでお尻を突き出したちょっとエロい裸体を、ばっちり取らせてくれた。
出張先のビジネスホテルで毎夜、携帯に保存した妻の裸体を眺めていたっけ。

今度写すときは、もっとエロい、淫らな姿を撮ってやろう。
俺のペニーにしゃぶりついてる姿や、M字開脚で、濡れ濡れのあそこを指先で広げた姿。
四つん這いで大きく足を広げさせた姿。

そんな妄想と股間を膨らませていた夜だった。

しかし、それは俺が出張から帰るとすっかりと処分されてしまった。
いまは俺の記憶の中に薄っすらと残っているだけだ。

それ以来、どんなにせがんでも妻が俺に淫らな姿を撮らせてくれることはなかった。

俺の要求を全て受け入れるようで、まったく受け入れない妻。

こういう不可解なところににも、
俺が「一穴主義」貫いていける要素が隠されているのかも知れない。

それでも絶対に撮ってやると、意気込む俺だった。

あ、もしかして、
こんな、妻が嫌がるようなことをしようとすることも、レスの原因の一つなのかな。

スポンサー

シェアする

フォローする