似非一穴主義とは

一穴主義の形態 その2

前回は「真一穴主義」の定義とその形態について述べてみましたが、次に「似非一穴主義」についての定義と形態についての説明をしていきましょう。

管理人のnihiも当時は、この「似非一穴主義」の形態に入る男だったわけですが、初恋の相手と初体験し、そして結婚、更に最後まで添い遂げ、その間に他の女性との性的肉体的な接触がないという極稀なケースでしか「真一穴主義」が生れないことから、既婚の男性の場合、「多穴主義」の方を除けば。概ねの方がこの形態に属しているものと思われます。

「似非一穴主義」には多くの類型が存在しますが、ここでは先ず、「A型」と「B型」についてご説明します。
ご自分が実際にはどの形態若しくはどの部類に入るものなのか、或いは「一穴主義」とは主義を反する「多穴主義」に属するのか、今一度検証してみるのも一興ではないだろうかと思います。

まあ、こんなことどーでもいいことなんだけどね(笑)


似非一穴主義とは

えせいっけつしゅぎAがた【似非一穴主義A型】

(1)多くの既婚男性が該当する満足一穴主義。またその主義を実践する男性の総称。
(2)過去にある程度の女性経験をして結婚し、現在の奥様で性的肉体的に満たされており、特にその奥様以外の女性を求める意思のないもの。
(3)基本的には「真一穴主義A型」と同様であるが、過去に他の女性の穴の経験を持っていることにより「真」になれないケースが該当する。
性的肉体的に満足できない場合でも、精神的に満足感を得られる場合において、この主義が継続されることが過去のデータから判明しているが、あまりにも長くその一方の不満足が続く場合は危険であると思われる。性的肉体的満足感と精神的満足感は同等に満たされる必要はないと考えられるが、一方のみに偏ることにより「一穴主義」が崩壊する例も過去には多く見られる。

類義語:充足型一穴主義 充足型一棒主義(主に女性において遣われる語)
対義語:不満足一穴主義 不倫主義 浮気主義

えせいっけつしゅぎBがた【似非一穴主義B型】

(1)不満足一穴主義若しく不足型一穴主義のこと。またその主義を実践する男性の総称。
(2)基本的に「似非一穴A型」と同様であるが、現在の相手に、性的肉体的に或いは精神的に満足はしておらず、機会があれば再び他の女性とも関係を持ちたいと望んでいるもの。(たぶんこのケースが一番多いと管理人は予想している)
(3)「真一穴主義B型」に類似し、過去に女性経験がある場合で、且つ現在の奥様に対し満たされない思いを抱いている場合をいう。

ちなみに、管理人は、「似非一穴主義A型」と「似非一穴主義B型」を行ったり来たりする「似非一穴主義C型」に属する優柔不断型の類に分類されるであろうと自己分析した次第である。

「似非一穴主義C型」についての説明は、ここでは割愛させていただくが、このケースも「真一穴主義B型」と同じように「偽装一穴主義」へと移行する可能性、危険性が高いと思われるので注意が必要だ。
先に述べた通り、性的肉体的或いは精神的な部分の何れかの満足感が欠如すること、または一方の比重が大きくなることで発生してくる主義であり、それを総合的に不満と感じるか否かが、満足型と不満足型を区分する判断基準となる。

類義語:欲張り一穴主義
対義語:満足一穴主義 満たされ主義

似非一穴主義は大きく分けて上記の二系統であるが、そこからの派生も多く存在している。
派生している「一穴主義」については、後の解説を参考にしていただきたい。

一穴主義出版部 にひ辞典より抜粋

スポンサー

シェアする

フォローする