金曜日のよるに我慢の限界を迎えた



花粉症に襲われた妻に手が出せないでいた俺。

でも、とうとう我慢できなくなった俺は、寝込みの妻を襲撃した。
拒否されるだろうと予測はしていた。
拒否されたら、真夜中の夜の街に駆け出していただろう。

ところが、

「今日はHしたい日なの?」

と、妻は俺に聞いてくる。

「…」

何も言わず、俺はうなずいて妻の乳房を優しくなでてみる。

「あん、んん…」

ビクンと妻の体が反応し吐息を漏らす。

「実は、ね」
「あんなこと言ったけれど、本当はしたかったの…」

妻のその言葉に俺のペニーはダイレクトに反応する。ギン!

「元気一杯だね」

そう言って、俺のペニーを優しく握りしめる妻の暖かい手。
妻はペニーの感触を確かめるように静かに摩りながら、ときどき指先でペニーの先を刺激する。

「あ、がまん汁出てきてるよ、ヌルヌルしてるね」



俺も負けじと妻の下半身に手を伸ばし、速攻をかける。
ダイレクトにさわったそこは、既にグショグショになっていた。

「どうして、こんなに濡らしてるんだ?」

俺の問いかけに、


「もう!」
「したかったって言ってるでしょ…」

ちょっと怒りぎみで答える妻。

「ああ、あ、んん…気持ちいい…」

妻の吐息はいつしか喘ぎ声にかわり、俺の愛撫を心地よくむかえいれていった。
そんな金曜の夜。

スポンサー

シェアする

フォローする