気持ちに身体が追っついてきたんだね



今週は充電期間中につき、先週の出来事を書いています。

先週、妻に痛い思いをさせ自分は気持ちよくなってしまった俺。

「セックスしたい」

と思っていても、身体が俺のペニーを拒否するときもあるという女体(もしかしたら妻特有なのかもしれないが…)の神秘を知ることとなった。

その翌日、妻は早々と床に就いていた。
横に潜り込み、寝ている妻の頬に静かにおやすみのキス。

「昨日のこともあるし、今日は我慢だな」

そう思い、静かに目を閉じた。

しかし、俺の気持ちとは裏腹に静かに俺の股間に伸びてくるものが…
そう、妻の手だ。

「ねえ、昨日は痛かったからさ、今日は気持ちよくしてよ」

そう言いながら、妻の手は俺のズボンをすり抜け、
下着をくぐり、ペニーへとたどりついた。

妻の指がふれた瞬間に、俺のペニーへと体中の血液が集中する。
ギン!

「あら、もうこんなになってる…」



嬉しそうに呟きながら、妻はその手を静かに俺の尻からペニーの先へと往復させる。

「うう、う」

あまりの気持ちよさに声が出てしまう。
妻は指先で俺のお尻の穴と玉袋、そしてペニーを静かにそして優しく刺激してくる。
妻の指先が動くたびに俺のペニーはビクン!と脈打って気持ちよさを表現している。

「どう?気持ちいい?」

妻の問いかけに、うんうん!とうなずく俺。

「だめよ、今日は私が気持ちよくなるんだから…」

そう言いながらも妻は俺への愛撫を続けるのだ。
俺は妻の胸に手を伸ばし、

「反撃!」

と言って彼女の乳房を静かにもみだした。

「ああ、あ、んん…」

俺の脈打ったペニーに興奮を覚えていた妻は、乳房への刺激に歓喜の声をあげた。

「あ、いい、いい気持ちいい、ね、乳首もつまんで…」
「舐めて、おっぱいなめて…ああ、あん、ん…」

俺は妻に言われるままに、乳房を鷲づかみにしながら手の平からあふれ、ピン!と堅くなっている妻の乳首に舌を絡ませた。

「ああああ…あ、ああ、いい…気持ちいいよ」
「ああ、もっともっと、吸って、舐めて…ああぁ、あん」

妻の喘ぎ声が寝室に大きく響く。

「ね、ここもさわって…」



乳首に絡めた俺の舌に反応しながら、妻は俺の手を自分の感じる部分へと導いた。
俺は昨日のことを気にしながら、妻のおま●こへ静かにふれてみた。

妻のそこはしっかりと濡れて、愛液が陰毛に絡みつきお尻の方までグショグショになっていた。

「よし!今日は心も身体もOKなんだな」

俺は、指にまとわりつく妻の愛液に、

「気持ちに身体が追っついてきたんだな」

そう思うと、
ちょっと嬉しくなった。

上記記事のコメントはこちら

ゆっきーさん

神秘☆  from – ゆっきー

エッチしたいと思っても濡れなかったりする事ありますよ。

私の場合は疲れてると濡れにくいみたい。
自分では気が付かなかったけど旦那様に言われて気が付いた。

女の人の身体って不思議なものですね♪

ゆいさん

しみじみ。。。  from – ゆい

H気分なのに、身体が反応しないって事。ゆいにもあります。
何故かはよくわからないけど・・・

途中でピタッと溢れ出るものが止まり痛みを覚える。
触ってもらっても痛いだけで気持ちよくならない。
けど心では挿れて欲しいし、繋がりたい・・・。

女性の身体って本当に不思議ですね・・・
ゆいの場合、そんな日は中断して眠りにつくまで抱きしめてもらう事で我慢してます。(パパにとっては・・・拷問?苦笑)

nihi

さっそくの  from – にひ

コメント、ありがとう。
ゆっきーさん、ゆいさん、いらっしゃい。

今は充電期間です。本当に妻の生理と同時に性欲が減退してしまいます。
よくできた「一穴主義サイクル」だなって、自分でもほれぼれしてます。

そっか、したくても身体が拒絶することってやっぱり誰でもあるんだね。
痛い思いをさせてしまった妻に翌日は懺悔のご奉仕です。

スポンサー

シェアする

フォローする