ジャブの応酬のような駆け引きのあとは

妻は基本的にはセックスはあまり好きではない(本人談)ので、しなければしないで全然平気なのだ。
だから、しばらく間をあけると体が欲しがらなくなってしまう体質らしい。(嫌な体質だよ)

ゴールデンウィークに伴なう夜の連休により、欲しがらない体になってしまった妻は土曜日の俺のお誘いを完全拒否!した。

「今日こそは!」

と意気込んでいた俺は肩透かしを食らい、溜りに溜まった欲求のせいもあり、妻との大喧嘩のすえ、怒りおさまらぬまま背中を向け眠りについた。
もちろん、妻も逆切れ!布団の端と端に別れたまま、おやすみのキスもなく、その晩は過ぎ去った。

翌日、朝からは互いに口も利かない冷戦状態が続く…

仲直りはしたいのだが男には変なプライドがあって、自分からはその口火を切ることができない。

「どうしよう…」

と悩む俺。
でもさすがは妻、俺の気持ちを察してかしっかり口火を切ってくれるのだ。
こうして、半日以上続いた冷戦は妻の機転により停戦となり、ベルリンの壁を壊すがごとく、優しいキスの応酬により幕を閉じた。

そして、その夜(昨晩)…



「ねえ、今日はしない日?」

昨日のこともあり、俺の方からは誘えない。
それを見越して先にお誘いをかけてくれる妻…ありがとう。

「ね、しようよ…今日はするの…」

妻が優しくお誘いをかける。

「したいの?欲しいの?」

と俺が意地悪な質問をあびせると、

「あなたはしたくないの?」

と返事を返す妻。
お互いにジャブの応酬のような会話を続けながら、唇を重ね舌を絡ませる。

「ん…あ、ん…」

妻の口からもれる吐息に、もちろん敏感に反応する俺のペニー!

「ん…欲しいよ、あなたのオチン…」

そう言いながら、妻は俺の上に体を乗せ硬くなった俺のペニーに自分の感じる部分を押し付け、静かに腰を動かす。

「あ、硬い…ん、ああ…」

徐々に腰を激しく揺り動かす妻のパジャマのボタンをはずし、乳房を露にする。

「あん…あ、ん…」

妻は俺に抱き着くような格好で乳房を俺の顔に押し付けてきた。
顔にふれる乳房の感触がたまらなく気持ちいい…
その先端部分は既に硬く勃起している。
俺はその硬く勃起した乳首にそっとキスをしながら、舌を這わせ優しく刺激をあたえた。

「あああ!んん、あ…」
「だめ、ああ…いい…気持ちいい」

乳首への刺激と同時に妻は淫らな喘ぎ声を発し、一段と激しく腰を振った。
俺のペニーはパジャマごしに感じる妻のおま●この感触にビンビン!と脈打ち続けている。

妻は上に乗った体勢のまま体を俺の足元の方へずらしながら、ズボンを下着ごとズリおろした。
ピン!となった俺のペニーは、妻の顔の前で反対方向に反り返った。
反り返ったペニーに妻は優しく舌を這わせながら舌先で俺のガマン汁を丁寧に舐める。

「ん、美味しい…大きいよ…」

久しぶりの妻のリップサービスに俺のペニーは一段と硬くなっていった。

上記の記事のコメントはこちら

さん

うまいなぁ~  from – ゆい

奥様はちゃんとにひさんの性格を分かっているんですね♪
なるほどなぁ~・・・と読みながら感心してしまいました。

仲直りのHは気持ちも入るし気持ちがいいですよね。
さて・・・ゆい夫婦も今晩辺り頑張ることにしようかな?(*/∇\*)キャ

nihi

いらっしゃい  from – nihi

ゆいさん、
感心してはいけません。

男心をもて遊ばれている気分だぞ。
でも結果営みに繋がれば、

余は満足じゃ。

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

まりりんさん

遊びに来ました♪  from – まりりん

ホントは毎日来てるんですけど・・・
たまにしかカキコしないまりりんデス。(笑)

リンク、ありがとうございます♪

にひさんの奥様って素敵な方ですよねぇ♪
Hはあまり好きではないと言いながら
ちゃーんとにひさんのことわかってらっしゃる^^

一穴主義っていうにひさんご夫婦が羨ましいデス。
アタシもいつか彼にそう言ってもらえる奥さんになりたいわぁ・・・^^

nihi

いらっしゃい  from – nihi

まりりんさん。
Hは好きではないというけど、嫌いでもないのかも知れないね。

でも2年余りのレス期間もあって、
ようやくこんな関係になってきたんだ。

まりりんさんもきっと彼にそう言ってもらえるよ。

スポンサー

シェアする

フォローする