その場に立ち尽くしたまま動けなくなってしまった

男の腰が動くたびに妻は喘ぎ、また自分から腰を振りその肉棒を自分の奥へと誘い入れる。

「いい、いい、あああああ…いい、もっと、奥まで突いて、あああ…」

どれくらいその光景を見ていただろうか、やっと我に返ることができた。
そして、込みあがってくる怒り…

俺は思いっきり寝室のドアを開け叫んだ。

「きさまら、なにやってんだ!!!」

驚いたように振り向く妻。
一瞬、その空間が無音の状態となった。

妻はそこに立つ俺の姿に驚愕していたが、
やがて、その顔つきは男を求める淫らな顔となり、開き直りとも言える表情へと変わっていった。

全裸で男の上に乗りプルンとしたお尻を露にしたまま、妻は俺の顔を見つめていた。
いや、睨んでいたのかもしれない。

現場を抑え鬼のような形相になっている俺を見て、そそくさとその肉棒を妻から抜こうとする男に、



「だめ!抜かないで」
「いいのよ…」

と言ったかと思うと、妻はさっきと同じように腰を動かし始めた。

「あああ、ああ、んんん…はあ、はああ…」

ゆっくりと腰をふりながら喘ぎ声を漏らす妻に、その男も自分の肉棒を妻の動きに合わせ動かしだす。

「入ってる?ああ…大きなペニスがわたしのおま●こに…」
「あああ、いい、いい…あなたのオチンよりいい…」

男の肉棒を深く浅く深く浅く…後ろから眺める俺に見せ付けるかのようにお尻を高々と持ち上げてはおろし激しく動かす妻。

男もその妻の言動に俺の方をニヤっと見ては、さっきよりも強く激しく腰を動かし、肉棒を妻の奥へと突きまくっていった。
妻は俺の方からその男の方へ顔を戻し、男に唇を重ね舌を絡ませながら再び悦楽の声を漏らし出した。

無言で『あなたはそこで見てなさい!そう言われたように感じた。

上記の記事時のコメントはこちら

senaさん

ドキドキ  from – sena

しながら読んじゃった・・
どうなるんだろう・・

『ブライダルエステ』結婚を迎える花嫁さんへ エルセーヌ

ナミさん

  from – ナミ

そういう事だったんですね・・・。
奥さんを信じていただけにショックも大きかったことでしょう。

ごめんなさい。
こういう時何て言えば良いのか言葉が見つかりません。

一生で一番輝く日にしたい『ブライダルエステ』エルセーヌ

ゆっきーさん

工エエェ(゚〇゚;) ェエエ工  from – ゆっきー

なんだか私もドキドキしちゃった!!
これから先はどうなんだろう?

スポンサー

シェアする

フォローする

コメント

  1. ( •́ .̫ •̀ ) より:

    夢ちゃうの?

    • nihi より:

      ( •́ .̫ •̀ ) さん初めまして。
      コメントありがとうございます。

      ネタばれですが、
      もちろん夢でございましたぜ。