どうしたんだ俺?下半身は元気なのに挿れずに済ましてしまった。

昨夜もいたしました。

「今日もする?」

布団に入り腕枕に頭をあずけて妻が聞いてきた。

…おかしい。
妻からの誘いは嬉しいはずなのに、素直に喜んでいない俺がいた。

でも、心と体はうらはら…妻からのお誘いに俄然やる気になっている俺のペニー。
既にビンビン!と脈打ち出している。

仰向けに寝転がる妻の乳首を舌で転がす。

「ん…あ、くすぐったいよ…」
「だめ、今日は乳首は責めないで」

乳房を両手で抑え、ガードを固めてしまう妻。
…仕方なく俺は攻撃個所を下半身へと移動させる。

上半身への攻撃を阻止された俺は、下半身へと集中攻撃を開始した。

「う、ああ、んんん…はぁ…」

俺のピンポイント攻撃に乱れた声で反応する妻。
その声を聞き、俺の攻撃に一層の力が入る。

「ああ、あ、いい…」
「いい…気持ちいい、あ、んん」

妻の喘ぎと体の反応、おま●この濡れ具合から段々と上り詰めていく妻が感じ取れた。
腰をいやらしく振りながら俺の愛撫に合わせ、愛液を滴らせる。

「あああ!だめ!だめだめ、あ…いい」
「だめよ、いきそ…う」
「ああん、いい…あ、だめだめ…ん、いきそう…」

「ね、入れてオチンいれて…」
「オチンいかせて…お願い、いれて…」

妻の挿入欲が高まってきている。
が、昨晩の俺は妻の要求に応えなかった。

「あああ!いや、いくいく…いい」
「いっちゃう!あああ…」

俺の執拗な愛撫に妻はそのまま果ててしまった。

「あ、もうだめ…あ、んん…」

肩で息をしながらビクンビクンと体を震わせる妻をゆっくりと抱きしめる。

「もう、いい…?」
「もう相手できないよ…」

上り詰めてしまった妻は俺のペニーをノーサンキュー。
そのまま、俺の腕の中で眠りに落ちていった。

眠りにつく妻の髪を撫でながら、俺もそのまま眠りについた。

…なんか、おかしいぞ俺。

「どうしたんだ?!」

スポンサー

シェアする

フォローする