文句を言うために起きて待っていた妻



先週末の金曜日。

仕事が遅くなり、午前様前にようやく帰宅。

起きて待っていた妻だが、何か機嫌が悪そう。

「ただいま、どうした?」

「心配してメール返したのだから返事くらいよこしなさいよ」

「あ、ごめんごめん」

「もういい!お休み!」

言うだけ言ったら満足したのか眠りにつく妻。
返事をくれなかった事の文句が言いたいがために起きて待っていたのか?

なんか、疲れた一日だった。

着替えながら下半身の様子を見てみる…
う~ん、
いつもながら元気な奴だよお前は。

妻は既に夢の中だし今日はそのままおあずけ!
元気なペニーに謝りながら、俺は布団へ潜り込みそのまま夢の中へ突入した。



上記の記事のコメントはこちら

めるんさん

あらら…  from – めるん

それは違うよぉ~
本当に心配だったから待ってだんだと思いますよ。
だって返事がないと、顔見るまでず~っと心配なんだから。

安心して、ちょっぴり拗ねちゃったんでしょうね(笑)

現金がドコモ口座に貯まる、お得なオンラインモール

nihi

いらっしゃい  from – nihi

早く帰ることに夢中で、メールに気付いてなかったんだ。
こまめにチェックするようにしないといけないね。

スポンサー

シェアする

フォローする