指輪

昨日、
「ちょっと、指が被れたみたいだから外していい?」
と妻が俺に断りを入れる。

外したリングは結婚指輪よりもちょっとだけ長い時間、妻の指に光っていた、まだ恋人時代に俺がプレゼントしたものだ。

プラチナの表面は擦れ光沢もなくなってしまった古いリング…

擦れたその表面には、
「Same Dream」―同じ夢を―
と刻まれた文字。

果たして、
俺は妻と同じ夢を見ているのだろうか?
妻は俺と同じ夢を見てくれているのだろうか?

擦れた文字のように、
あの時一緒に夢見たものも擦れてしまっていないだろうか?

…指輪を眺めながら、ちょっとセンチメンタルな気持ちになる俺だった。



上記の記事のコメントはこちら

めるんさん

微笑ましい♪  from – めるん

思い出のいっぱい詰まった指輪なんですね!
ちゃんと「外していい?」って断ってから外すなんて、
とても大切なもので、自分1人だけのものではなく
にひさんと共有のものだと思っていらっしゃるのでしょうね(^^)

「Same Dream」―同じ夢を―
ロマンチックですね~♪

私、最初に主人からもらったプレゼントは…シロクマのぬいぐるみでしたからorz
もちろん今でも大切にしてますよ。

『ポンちゃん』って呼んで!

すれ違いを恋のきっかけにするアプリ「CROSS ME(クロスミー)

nihi

ポンちゃん  from – nihi

めるんさん、こんちは。
いやいや、お恥ずかしい。
エログにこんな記事ふさわしくないとは思いながらのアップでした。

しろくま「ポンちゃん」…可愛いじゃないですか。
めるんさんご夫婦の方こそ微笑ましいなって思っちゃいますよ。

スポンサー

シェアする

フォローする